J開幕を告げるお祭り!FUJI XEROX SUPER CUP 2017行ってきました!

今年初のJ観戦

xerox012

こんにちは!プレイヤーアイテム担当です。
2017年のJリーグの開幕を告げる「FUJI XEROX SUPER CUP 2017」。
観戦に行くことができました!
今年初のJ観戦。やっぱり現場で観戦するのは学ぶことがたくさんあって楽しかったです!

さすがの鹿島

ちょっとだけ試合内容をおさらいしましょう。

前年度リーグチャンピオンの鹿島アントラーズと前年度リーグ2位の浦和レッズの対戦となった今回のゼロックス。
試合の拮抗しましたが随所で鹿島が「らしさ」を発揮して試合を支配した印象です。
新加入のレオ・シルバが昌子・植田の若いセンターバックコンビによく声をかけているのが印象的でした。
悲願のACL制覇を目指してブラジル人も日本人も各ポジションの補強を敢行した鹿島。
ACLが楽しみですね。

右サイドの可能性を感じる浦和

浦和は槙野、柏木が欠場。エースの興梠もベンチスタートとなりました。
ACLなどの連戦も見越してのことでしょうか?若干の小粒感は否めません。
ボールはキープできるんですが最後のフィニッシュのタイミングが合いません。
可能性を感じたのは右サイドの駒井のドリブル。パスと組織が持ち味の浦和の中で異空間を作り出します。
駒井に代わって入った関根も同タイプでガンガンドリブル仕掛けてました。
交代を経てもとても魅力的な右サイドでした。

やっぱりユニフォームチェック

今回はゼロックス史上初となる両チームセカンドユニフォーム着用となりました。
ナイキさん(クラブ?)のマーケティング的な意図が見受けられますね。
でもこういうのもいいんじゃないですか?お披露目的なね。


ここ近年のナイキの世界戦略的に蛍光カラーリングとシャツ・パンツとストッキングの色を分けるやり方が多くあります。
この日も鹿島、浦和共にナイキ色の強い組み合わせでした。

鹿島アントラーズ(A)2017

鹿島アントラーズ(A)2017

浦和のユニフォームはもうちょっと待っててください。
メーカーさんがなかなか(ゴニョゴニョ・・・・)。

ゼロックス名物

さてさて毎年ゼロックスではシーズン開幕のお祭り的な要素も多く、楽しみがたくさんあります。

グルメ

スタジアム前の広場では各クラブを代表するスタジアムグルメが大集結。
たくさんお客さんが長蛇の列を作っていました。

町田ゼルビアから厚切りベーコン

町田ゼルビアから厚切りベーコン

ヴィッセルのBBQ

ヴィッセルのBBQ

エスパルスの富士宮焼きそば

エスパルスの富士宮焼きそば

セレッソの鶏のからあげ

セレッソの鶏のからあげ

ベルマーレのマルゲリータ

ベルマーレのマルゲリータ

どれも美味しそうで、そこらじゅうでええ匂いがします!
しかしどこも長い長い列ができています。

しょうがないのでスタジアム内のスナックコーナーで腹ごしらえ。

ビールとベーコン

ビールとベーコン

大きな肉まん

大きな肉まん

うまかったなー。
いろんなグルメを楽しめるのもゼロックスの良いところですね。

マスコット
ゼロックス恒例行事が「Jリーグマスコット総選挙」。
Jリーグ全クラブのマスコットが一堂に会するのはゼロックスだけ!

xerox008

気になる結果はサトミキさんのツイートから。


見事私のイチオシ、サンフレッチェ広島の「サンチェ」が二年ぶりのセンターを獲得。
二度の整形モデルチェンジを経ていまや押しも押されぬマスコット界の人気キャラクターとなりました。


マスコットはいまや立派なJリーグの魅力の一つです!

お祭りを終えて

いかがだったでしょうか?
もちろんチャンピオンチーム同士の対戦で初公式戦の緊張感もありながら、どこかお祭り的な雰囲気もあるゼロックス。
楽しかったです!

さていよいよ真剣勝負のリーグ戦が始まります。
試合はもちろんですが、往復の交通も旅行として、スタジアムグルメなんかも楽しみたいです。
今年はたくさん見に行けるといいなー。

 


あわせて読みたい