夏の王者決定。2019インターハイ決勝のユニフォームは?

夏の王者

2019年、高体連所属のチームによる全国大会、全国高校総体(インターハイ)のサッカー決勝は富山第一高校桐光学園の対戦カードとなった。


両チームの素晴らしい試合に期待しつつ、ユニフォーム屋らしく両チームのユニフォームに注目してみたい。

富山第一


富山第一はプーマを着用。
シャツはプーマトライブス「STRIKER/ストライカー」シリーズをスクールカラーにカスタムしています。

「STRIKER/ストライカー」シリーズ海外クラブやJリーグでも採用されたモデル。
衿は3種類から選択可能で、ボーダードライニット素材を使用しています。

その他のプーマトライブスはこちらから

富山第一と同じ商品でカスタムを楽しみたい方は上のユニフォームイラストをタップしてください!当社のユニフォームシミュレーションサイトへリンクしています。

桐光学園


桐光学園はナイキを着用。
シャツはナイキカスタム「オールオーバージャージ」を使用しています。
ナイキカスタムは世界のプロチームやJリーグチームでも採用されたモデル。
襟、サイドラインなど差し色を取り込む部分が多く、カラーカスタムが楽しいモデルです。
また性能としても高く、肩の縫製方法「キモノラグランスリーブ」によって最適な可動域を確保しています。

その他のナイキ商品はこちらから

桐光学園と同じ商品でカスタムを楽しみたい方は上のユニフォームイラストをタップしてください!当社のユニフォームシミュレーションサイトへリンクしています。

やってみよう

いかがだったでしょうか?
チームそれぞれの伝統をユニフォームへ落とし込む。
それは単に色やデザインだけの問題ではないかもしれませんね。
ユニフォームデザインは奥が深い!

さて、あなたもユニフォームデザインを体験してみましょう。
もちろんスマホで、もちろん無料で。
30を超えるブランドから自分の好きなユニフォームをカスタムできる。
まずは体験してみよう。

このバナーをタップでユニフォームシミュレーターへ。


あわせて読みたい