ストライプの細さは強さの象徴か!? ACミラン19/20ユニフォーム

ACミランの19/20シーズンユニフォームが販売開始となりました。

ACミラン1920
ACミラン(H)19/20 (レプリカユニフォーム、オーセンティック版はこちらから)

ACミラン1920
ACミラン1920
ACミラン1920
ACミラン1920
ACミラン1920

サプライヤーは昨年に引き続きプーマ
久々の細めのストライプが目を引きます。
ACミランの公式ツイッターでも「The Legacy of 1969」という記述がある通り、これは1969年のユニフォームデザインを踏襲したものとなっています。

1969年にチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)を優勝したACミラン。
あれから50年の節目のシーズンに再び細めのストライプが登場。

当時のユニフォーム

こちらが1969年のチャンピオンズカップの映像。

チャンピオンズカップ決勝でハットトリックを達成したピエリーノ・プラティ。
彼が着ているユニフォームが当時のものとなります。

直近ではこのイメージ

1969年のユニフォームが懐かしいと感じるのは大先輩だと思いますが、私が直近でイメージしたのは2011/12シーズン。
ACミラン1920
前年10/11シーズンにセリエAを制覇し、最終的に11/12シーズンは2位となりました。
イブラヒモビッチ、ロビーニョの2トップ。
KPボアテングがトップ下に構え、ネスタとチアゴ・シウバのセンターバック。
やはり強かったACミラン!
強いミランは細いストライプなんだ!

こちらから

僕たちは強いミランを待っている。
19/20シーズンは期待せずにはいられない。


あわせて読みたい