あと1901円足せばOK。3rdパンツがあると格段にバリエーションが増える

配色の妙

チームカラーが青なんでシャツは青にして。。。

チームユニフォームを作成する場合、配色には気を遣いますね。
でもそれがチームユニフォームを考えるうえで一番楽しい部分でもあります!
サードパンツの用意
シャツやパンツの色の組み合わせはもちろん、ホーム用とアウェイ用では何色を使えばいいのか悩ましいところです。
しかも公式戦なんかはホームとアウェイの二組が必要になります(ユニフォーム規定を参照)。

モンペリエを参考に

この配色についてフランス、リーグアンの「モンペリエHSC」のユニフォームを参考にして考えてみましょう。
なんでもモンペリエかって?
個人的にオレンジと紺をベースにした配色が素晴らしいと思ったのと、ナイキのカスタムユニフォームを使っているからです!
海外強豪チームが使用しているユニフォームデザインでわれわれもチームユニフォームが作れるんです。
ナイキならばね。

まずは元となるデザインを見てみましょう。

ホーム用

アウェイ用

View this post on Instagram

? Bon anniversaire @damien.le.tallec ?? 2️⃣9️⃣ans aujourd’hui ?

MHSCさん(@mhscofficiel)がシェアした投稿 –

どうですか?
カッコいいですね!

当社のユニフォームシミュレーターで再現するとこのようになります。

ホーム用

サードパンツの用意

アウェイ用

サードパンツの用意

これはナイキの「カスタム オールオーバー ジャージ」を利用した商品。
配色を工夫すればモンペリエと同じデザインを再現することができます。

ホーム、アウェイの商品を組み合わせていろんな配色パターンを考えてみましょう。
さてこれが基本的な配色パターン。
サードパンツの用意

次にホームとアウェイでソックスを入れ替えてみましょう。
サードパンツの用意
ちょっと雰囲気違いますね!

さらにパンツも変えてみましょう。
サードパンツの用意
これはこれでアリですね。

パンツをひとつ足してみる

サードパンツの用意
さらにネイビーのパンツをサードユニフォームとして用意した場合。
プロチームでは「バックアップサード」みたいな呼び方をするそうです。

サードパンツの用意
最初の基本的パータンのパンツがネイビー。

サードパンツの用意
さらにソックスも入れ替えた場合です。

たった1,901円で!

サードパンツの用意
ホームとアウェイの二色で、パンツだけネイビーを加えると最大で10パターンの配色を楽しむことができます!
配色の組み合わせを変更することによってイメージがかなり違ってきます。
対戦チームと絶対に色を被らせないためにも有効な方法ではないでしょうか?

今回パンツで使用したのは「パークⅡ NB ニットショート」というパンツ。
当社でチームオーダーしていただくと1,901円です(本体価格、マーキング代金は除く)。
たった1,901円を足すだけでチームのカラーイメージにバリエーション豊かになります。

ちょい足しという考え方

今回はホームとアウェイのパターンでご紹介しましたが、ホームしかないよ、というチームさんでもパンツだけもう一色用意するだけでイメージは変わりますね。
パンツじゃなくてソックスでもいいかもしれない。

もしくは長年使っているシャツ・パンツ・ソックスの組み合わせがあって少し配色に飽きている。
そんなチームがパンツだけ別カラーを用意してみるというのもアリですね!

この「ちょい足し」は相手ユニフォームのカラーと被らないという実用的な面もありますが、着ている自分たちの気分を変えるという効果が大きいかもしれません。

是非「ちょい足し」をお試しください。

ユニコンなら簡単に

好きなユニフォームに好きなマーキングをする。
すぐにデザインを確認できます。
そして簡単に仮見積を算出できます。
ユニコンならね。

チームマックスのユニフォームシミュレーター「ユニコンポーザー」。
これを使えば商品選択、デザイン、マーキング設定が簡単にできます。
そして同時に仮見積もできてしまう優れもの。

是非お試しください。


あわせて読みたい