セカンドユニフォームはお手頃価格で賢く揃える。

セカンドユニフォーム

セカンドユニフォームは賢く揃える
手ごわいチームメイトを説き伏せて、念願のユニフォームを揃えた責任感あるあなた。
もし公式なリーグに参加するならセカンドユニフォーム(アウェイ用)が必要です。
→JFAユニフォーム規定についてはこちら

ファーストユニフォーム(ホーム用)にだいぶ予算を使ってしまったし、二か月後にはリーグが始まってしまう。
どうしよう、、、、

ご安心ください。

これからご紹介する商品はお手頃価格で早く揃えることができます。
セカンドユニフォーム、もしくはプラクティスウェアとして最適なものです。

賢く手に入れろ

昨今の潮流としてはファーストユニフォームはデザインやカラーカスタムできるものを選択し、セカンドユニフォームは安価な商品でバリエーションを楽しむチームが増えています。

各国のプロチームをみても必ずしもホームとアウェイが同じデザインの色違いとは限りません。
JFAのユニフォーム規定でも「2組のユニフォーム」とありますが、デザインまでそろえることは必須ではありません(詳細は参加するリーグにお問い合わせください)。

だからセカンドユニフォームはお手頃価格で揃えてみませんか?

umbroを例にして

セカンドユニフォームは賢く揃える
2,506円(税込み、チームオーダー割引)

セカンドユニフォームは賢く揃える
2,160円(税込み、チームオーダー割引)

セカンドユニフォームは賢く揃える
3,370円(税込み、チームオーダー割引)

“経験の場”へ予算を投下

umbroでは上記のような商品がお手頃価格値としてラインアップされています。
セカンドユニフォームは手軽に手に入れて、その分予算を“経験の場”へ回しませんか?

例えば遠征を増やしてチーム強化の場を増やす。
また合宿費用に回してチームの結束を深める場をつくる。
こんな使い方はいかがでしょうか?

最近では海外遠征もするジュニアチームも多く見受けられますね。
チームとしての成長はいろいろあります。
団体行動をする、そろいのウェアを着るというのもその一部だと思っています。
いろんな経験がチームを、選手を成長させるんですね。

その費用の活用を賢くしましょうというお話でした。

ユニコンなら簡単に

好きなユニフォームに好きなマーキングをする。
すぐにデザインを確認できます。
そして簡単に仮見積を算出できます。
ユニコンならね。

フットボールマックスのユニフォームシミュレーター「ユニコンポーザー」。
これを使えば商品選択、デザイン、マーキング設定が簡単にできます。
そして同時に仮見積もできてしまう優れもの。

是非お試しください。

あわせて読みたい