チームウェアセットアップ実例 都市大塩尻サッカー部を例に

初詣は西が丘

先日高校サッカーを観に行ってきました。
晴天に恵まれた2019年1月2日、絶好の観戦日和。
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻

対戦カードは二回戦の都市大塩尻(長野県)vs瀬戸内(広島県)をチョイス。
会場は自宅からも行きやすい味の素フィールド西が丘(東京都北区)でした。

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
都市大塩尻、ナイキを着用しています。
メインカラーはスカイブルー。

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
こちら瀬戸内、プーマを着用しています。
メインカラーはレッドですね。

今大会の参加全48チーム中プーマを着用しているチームはは17に対して、ナイキはわずか3
プーマの圧倒的なシェアには驚かされます。
今大会のブランド別着用数はこちらの過去記事をご参照ください。
「第97回全国高校サッカー選手権、ユニフォームブランド調べ」

セットアップを観にいく

都道府県を代表して全国大会に出てくるようなチームがどのような商品の組み合わせ(セットアップ)でで試合に臨むのか?
試合やウォーミングアップ、応援する人がどんな商品を着用しているのか?
それが気になっていて今回足を運んだわけです。
ユニフォームの組み合わせだけでなく、ウォーミングアップも含めたチームウェアのトータルコーディネイトの勉強のためです。

特に今回は高校サッカー的にはまだシェアの少ないナイキに注目。
今回は都市大塩尻をメインにチェックしてきました。

ウォーミングアップ

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
都市大塩尻のウォーミングアップです。
赤と黒のカラーリングです。
かつては赤がメインカラーだったとのこと。
その名残でしょうか?

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
当社のシミュレーターで表現するとこうでしょうか。

上着はSQUAD17 シールド ドリルトップ
パンツはACADEMY16 テックパンツ(2018年末で廃番、後継品番予定あり)。

シールドドリルトップは雨風を通さないシールド素材でストレッチ性あり、着心地が良いジャケット。
(詳細は過去ブログ「アップにもフェスにも!?撥水性、軽量性、ストレッチ性を兼ね備えるナイキSQUAD17 シールド ドリルトップ」を参照)

テックパンツはボディラインに沿ったスリムシルエット。
プロチームではほとんどがこの形状のパンツを着床しています。
裾が太いパンツでは動きの感覚も違ってきてしまいます。

中にはドリルトップを脱いでいる選手もちらほら。
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
写真は無いのですが、インナーにパークVIジャージをあわせていました。
(パンツは想像です)

試合

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
入場時はベンチコートを着用。
都市大塩尻が着ているナイキのコートはかなり古いモデルでした。

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
ナイキの「カスタム オールオーバー ジャージ」を着用しています。
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
横から見るとこんな感じ。
メインカラーのスカイブルーと差し色にロイヤルブルー。
ショルダーとシャツ・パンツのサイドライン、そしてソックスを差し色で表現。
秀逸なカラーリングです。

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
シャツ:カスタム オールオーバー ジャージ
パンツ:エリート カスタム ゲームショート
ソックス:VAPOR CUSTOM FOOTBALL ソックス
どの商品もカラーカスタム可能。
スクールカラーに沿ったカラーカスタムが可能です。

ポイントはGKウェア

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
実はGKはフィールドプレイヤーと全く同じモデルの色違い。
カスタム オールオーバー ジャージを着用していました。
天然芝でプレーする際は肘パット、腰パット有りのGK用ユニフォームではなくてフィールドプレイヤーと同じでも問題はなさそうですね。

その他のウェア

応援団はちょっと遠かったのですが(笑)
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
練習や練習試合用でのユニフォームを着用していると思われます。
例えば、、、
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
シャツ:パーク Ⅵ ジャージー
パンツ:パークⅡ NB ニットショート
※あくまでイメージです。

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
シャツ:ストライカー カスタム Vネック トップ
パンツ:ストライカー カスタム ゲーム ショート
※あくまでイメージです。

ちなみに応援団が移動している際はウーブンジャージを着用していました。
セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
ジャージトップス:カスタム SQUAD 15 サイドライン ウーブン ジャケット
ジャージボトムス:カスタム SQUAD15 サイドライン ウーブン パンツ
※あくまでイメージです。

まとめ

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
最後のあいさつではその日に着用していたものが一目でわかりますね。
(残念ながら都市大塩尻はこの試合で負けてしまいました。)

セットアップ実例ナイキ都市大塩尻
やはり全国レベルのチーム。
ウォーミングアップ、移動に関しても揃いのウェアでカッコよかったですね。
もともとは赤を基調としたカラーリングだったようですが、スクールカラーと既存カラーをうまくミックスしたセットアップでした。
ユニフォームのカラーリングも良かったですね。
ショルダーとソックスを合わせるセンスの良さ!
とても参考になりました。

最後に、勝手に見ちゃいましたけど都市大塩尻サッカー部さんありがとうございました。

ユニコンなら簡単に

好きなユニフォームに好きなマーキングをする。
すぐにデザインを確認できます。
そして簡単に仮見積を算出できます。
ユニコンならね。

フットボールマックスのユニフォームシミュレーター「ユニコンポーザー」。
これを使えば商品選択、デザイン、マーキング設定が簡単にできます。
そして同時に仮見積もできてしまう優れもの。

是非お試しください。

高校サッカー関連記事

「第97回全国高校サッカー選手権、ユニフォームブランド調べ」

「数字でみる第97回高校サッカー選手権 ブランド調べスピンオフ編」

あわせて読みたい