監督さん幹事さん、知ってて損はない!?サッカーのユニフォーム規定とは?

試合で着用できない?

自分たちのユニフォームつくるのってワクワクしますよね!?
だって世界に一つのオリジナルなユニフォームを作ることができますもんね。

ユニフォームのデザインは自由です。
ご希望のデザインを実現させるのが私達の得意とすることです。

しかし、

場合によってはその制作したユニフォームが着用できないこともあります。

ユニフォーム規定」があるのをご存知ですか?
規定に則っていないユニフォームの場合、大会等によってはご着用が認められない可能性があります。

せっかく作ったのに試合で着用できないなんて悲しいですよね。。。
監督さんや幹事さんは是非知っておいてください。

ユニフォーム規定

公式戦

ジュニアからシニアまで、サッカーにはあらゆるカテゴリーがありますが、ユニフォーム規定が関わってくるのはいわゆる公式戦です。JFA管轄の全国大会、各都道府県のサッカー協会の管轄する大会などでは「ユニフォーム規定」に沿ったものが必要となります。
もちろん、仲間内のエンジョイサッカーではそんなことありませんよ。

色合い

レフェリーとの判別

ユニフォーム規定
審判員が通常着用する黒と明確に判別し得るものでなければいけません。
その為、ネイビーなど黒の近似色もご着用いただけない場合があります。
また、パンツやソックスも黒が認められない場合もあります。

黒系はかっこいいけど公式戦では避けた方が良いですね。

正と副

ユニフォーム規定
対戦チーム同士のユニフォームの色彩が類似している場合、”両チームの2組のユニフォームから組み合わせを決定する”と記載があります。
ホーム用(正)、アウェイ用(副)など二種類の色彩を用意する必要があります。
これは対戦相手にもよりますが、あると安心ですね。

大きなブランドロゴ

ユニフォーム規定
大きなブランドロゴやロゴが複数あるシャツは公式戦非対応の場合が多いので注意です。
“メーカーロゴはシャツ前面の胸に一か所、両肩又は両脇又は両袖口のいずれかに一ヶ所”と定められています。

レプリカシャツ

ユニフォーム規定
各国代表、プロクラブのレプリカを着用して公式戦に出場することはできません。

マーキング

表示必須

ユニフォーム規定
チームを表す表示、いわゆる胸ネームもしくはエンブレムが必要です。
背番号のみならず胸番号も必須となります。

番号の視認性

ユニフォーム規定
番号はユニフォーム地と明確に区別し得る色彩でなければならず、ユニフォーム地が縞柄の場合には台地が必要な場合がございます。
原則、番号は1から99の整数のみになります。

マーキングサイズ

ユニフォーム規定
お客様からのご要望でも「番号を小さくしてほしい」とよくいただきますが、ここにも規定があります。
視認性を考慮して最低この大きさで作ってくださいよ、というものです。
ちなみに当社のユニフォームシミュレーターだと初期設定が規定サイズとなっております。

少年サッカーなど

ユニフォーム規定
第4種(小学生)のチームや身長150cm以下の選手の場合、適宜縮小が可能です。
当社では上記のようなサイズでおつくりすることが多いです。

任意マーキング

個人名

ユニフォーム規定
個人名の表示は「シャツ背面の背番号の上、高さ7.5cmを超えないサイズ」と定められています。
また、背番号の上に広告掲示がある場合のみ、選手番号の下に表示することが可能となっております。

スポンサー

ユニフォーム規定
広告の掲示は一ヶ所につき、一社となります。
掲示可能箇所、サイズについては上記ご確認ください。
なお、広告の掲示は所属する都道府県サッカー協会への申請、当該都道府県サッカー協会及び本協会の承認が必要となります。

ホームタウン

袖のどちらか一方又はシャツに表示したチーム名もしくはエンブレム周辺への掲示が可能です。
(サイズ: 50cm2以内)
地域名称入れるのいいですね。

注意事項

上記は、JFAユニフォーム規定の一部になりますので、その他の詳細も含め、必ずJFAユニフォーム規定をご確認ください。
当店でご用意したユニフォームが大会等でご着用いただけませんでした場合でも、当店では責任を負いかねますので予めご了承ください。
JFAユニフォーム規定

規定を守って

当社では基本的にはユニフォーム規定に沿ってユニフォーム制作をお勧めしております。
全国大会目指してるのに着用できませんでした、という悲しいことが無いようにしたいですもんね。

オリジナルユニフォームは目的に沿って、長く使ってほしい。
分からないことがあれば是非問い合わせください!


あわせて読みたい