フットボールマックス・インターン

 

制作現場では、皆様の今シーズンのユニフォームを鋭意製作中です!

本日は都立の特別支援学校の、障がいのある学生さんたちに、1日就業体験にきてもらい、簡単な作業をやってもらいました。

 

〈三人の感想〉

 

以下、当社 Oコーチ評
———————–

O選手
彼は事前の情報どおり、しっかりしていて理解力と業務の正確性があり、すべての業務を問題なくこなせていた。
いろんな業務に対応できる、ユーティリティプレイヤーでした。

K選手
あまり器用なタイプではないが、何度も繰り返し教えることで出来るようになっていった。
同じ業務をやってもらうことによって、うまく個の力を発揮出来る。

T選手
彼女は、業務をこなしながら徐々にやり方を覚えていた。やり方を聞いてからやるのではなく、
一緒にやっていくスタイルだと覚えも早い

〈総括〉

一人一人の個性がはっきりしていて、個々人の対応のやり方一つで出来るようになったり、逆になかなか出来なかったりする。
何が出来て、何が出来ないのかの見極めも必要。また、一人だと出来ないこともニ人だとできることもある。

 

障がいのある人たちと実際に仕事ができたことは、上記のことを感じられた良い経験でした。


短い時間ながら、当社の立派な戦力として働いてくれ、助かりました。

インターンの皆さん、先生 ありがとうございます。

 

 

そんな当社では一緒にユニフォームを作ってくれるアルバイトさんを募集中です!

 


あわせて読みたい