サッカーのある年末年始 その1 高校サッカー選手権

現地で観戦する楽しさ

サッカーのある年末年始
時が経つのは早いもので2017年も最後の日、12月31日大晦日を迎えました。
今年一年を振り返る余裕もありません。
しかしことサッカーに関して言うと、ありがたいことに今年はこれまで16試合もサッカー観戦に出かけることができました。
自分史上最多!
そして大晦日の今日も懲りずにサッカー観戦に行きます!

テレビでの観戦も好きですが、テレビで「見えない」「感じられない」部分が楽しいです。
ひとつの試合には選手以外の多くの人々が関わっています。
チームスタッフ、スタジアムで働く人、そして観客など。
今日行われるサッカーの試合を中心にそれぞれが目的を持って行動する、その人間模様を見るのが面白かったです。
その面白さを感じたくてスタジアムに足を運ぶ、そんな1年でしたね。

多くのお客様が

サッカーのある年末年始
今日の観戦は高校サッカー選手権。
埼玉県代表の昌平高校と対戦する私の母校の広島皆実高校を応援しに着ました。
会場は大宮にあるNACK5スタジアム。

大宮駅からタクシーに乗ると、その道すがらに多くの人がスタジアムへ向かって歩いているのがうかがえます。
運転手さんも人の多さに「普段のサッカー(Jリーグのこと)と同じくらいだね」と感心してました。
後から公式記録を確認すると1万近い観客がいたそうです。
うーんさすが地元のチーム。

サッカーのある年末年始
曇り空で肌寒いです。
スマホのお天気アプリでは大宮市の気温は5℃とのことですが、もっと寒く感じます。

試合は昌平がポゼッションし広島皆実がカウンターを狙う展開。
先制を許した広島皆実ですが前半のうちに追いつくことができました。

小雪舞い散る


ついにハーフタイムには小雪が降り出しました!
そりゃ寒いよね。

後半も昌平がキープする時間が多いです。
決定機も昌平が多い。
地元の圧倒的な応援を受ける昌平ですが、広島から駆け付けた広島皆実サッカー部員、ブラスバンド部の応援も大きな声を張り上げている。
なんとか耐えたという印象の皆実。

そして試合はPK合戦へ。

どちらにころんでも

サッカーのある年末年始
結果は昌平高校の勝利。

PKでの決着はどちらにころんでもおかしくない。
選手の技術以上に心理状態が大きな割合を持ちます。

二人がシュートを外した広島皆実は自滅という形でした。
二年連続の初戦PK敗戦ということになってしまいました。

しかし後輩たちを応援することができて嬉しかったです。
群雄割拠の広島県予選を勝ち抜くことも楽ではなかったはず。
全国に散らばる広島皆実OBは母校の活躍を喜んでいますよ。

冷え切った体を温めるように帰りは大宮駅まで歩く。
大股で歩く!
それでも少し悔しい大晦日の観戦となりました。

ちなみに今回の高校選手権参加チームの着用するブランドを調べました。
過去ブログをご参照ください。
サッカーのある年末年始

元日もサッカー観戦!その2へ

サッカーのある年末年始
「サッカーのある年末年始 その2 天皇杯決勝」も是非ご覧ください。


あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年1月5日

    […] 前の記事 サッカーのある年末年始 その1 高校サッカー選手権 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です