足首をきゅっと固定する紐の結び方

こんにちは!プレイヤーアイテム担当です。
サッカーシューズの紐の結び方ってどうやってますか?
紐はしっかりと結ばないとケガの原因にもなりかねません。
また結び方によってはシューズのフィット感を左右しますよね。

そこで先日ニューバランスの担当さんに聞いた「足首をきゅっと固定する」結び方をご紹介します。
17051801

左は普通に結んでみる

左足は普通に結んでみました。
17051802

ダブルアイレット方式

それでは紐の上部、足首付近のぐらつきを防ぐ結び方をご紹介します。
この結び方は足首に近い部分の紐穴(ハトメ)が二つあるもので可能です。
(二段ハトメ方式とも呼ばれます)

完成形はこちら。
17051803

分かりづらいので分解します。

まずは上まで紐を通し
17051809

最後に通した穴のすぐ脇にある穴(ハトメ)に通します。
輪っかを作る感じです。
17051810

その輪の中に逆サイドの紐を通します。
17051811

左右の紐をそれぞれの輪っかに通します。
17051804

紐を締めて真ん中で結びましょう。
17051807

すると完成です。
17051803

足首付近の紐通しを増やし、さらに交差して通すことによって高いフィット感を生み出します。
足首付近のフィット感を高めたい方にはお勧めの方法です。

足首に近い部分の紐穴(ハトメ)が二つあるものでないとできません。

懐かしい!あの名選手の結び方

紐も結び方に関連して。
私が小学生・中学生の頃は「マラドーナ結び」なるものが流行りました。
17051813
特徴は紐の通し方を「縦」にし、さらに足首に巻くことです。
効果は未知数ですが、もしかして天才マラドーナは紐による締め付けが緩いほうが好みだったのかもしれませんね。

当時小学生の私も真似しましたが、アキレス腱が痛くて痛くて(TдT)
結局マラドーナ結びは諦めました。
人生最初の「俺は天才じゃない」体験ですね。

もう一人の天才の結び方

もう一つの方法はイタリアの至宝「ロベルト・バッジョ」式です。
17051814
バッジョは紐の通し方は普通なんですが、最後に踵のポイントにひっかけてから結ぶという方式でした。
これカッコよかったなー。
これも結局効果はよく分かんなかったです。

バッジョが履いていたディアドラなどは最終的には紐を通す用の穴をかかと付近にもうけたモデルを出してました!

まとめ

今回の2段ハトメ方式いかがでしたか?
もしまだやったことない人がいれば是非お試しください。
私も実際体験しましたが確かにフィット感、ホールド感は上がりますね。

いろんな結び方がありますが、シューズ選び同様、個人の好みがありますから、いろいろ試してみましょう。

あと独自の結び方あれば是非教えてください。
ツイートして教えてください。
宜しくお願いします!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です