立ち上がれ全国の「足幅広族」! KTSとSW 幅広シューズを比べてみた。

あれと比べたらどうなんだ?

こんにちは!プレイヤーアイテム担当です。

先日アンブロの「アクセレイター ケータッチスキン」のブログを書きましたが、なんか気になることがあったので今回はそのテーマをブログに書きたいと思います。

それは、、
あのシューズと比べたらどうなんだ?
ということ。

アンブロのケータッチスキン(以下KTS)が幅広の私でもストレスなく履くことができたので(前回ブログ参照)、”幅広日本一”(ミズノ担当者さん曰く)といわれる「ミズノモナルシーダ2 SW MD(以下SW)」と比べてみたくなりました。
kts_SW

過去にもミズノモナルシーダ2 SW MDのブログを書いております。
ご参照ください。

足幅広族

私事ですが、足幅が広いんです。
いわゆる「足幅広族」なんですよ(´・ε・̥ˋ๑)
昔から流行りのかっこいいシューズが合わなくてねー。
結構苦労しました。

部活しているときにフィットしたのはプーマのパラメヒコでした。
懐かしい!
あれはソールだけじゃなくてアッパーの貼り方、足型の形成が丸みを帯びていて足にフィットしました。
kts_SW
パラメヒコはお勧めだけど、今回はこれじゃない!

さて比べてみよう

kts_SW
外箱から。
箱はアンブロKTSの方が一回り小さい。

kts_SW
今回は26.5cmで比較します。

kts_SW
ミズノ モナルシーダ2 SW MD

kts_SW
インサイドから見る
kts_SW
アウトサイドも見る

パっと見はそんなに違いは分かりません。

重量

umbro_accerator_kts
KTSの重さは241g
kts_SW
SWの重さは248g

重量もそんなに違わないです。

アッパー

kts_SW
KTSは人工皮革「ケータッチスキン」。
まるでカンガルーレザーのような柔らかさ。
日本製の素材です。

kts_SW
SWは同じく人工皮革「マイクロファイバー」。
KTSの後だと少し硬く感じます。

これはやっぱりKTSの方が好みかなぁ。

インソール

kts_SW
インソールは双方とも取り外し可能。
SWの方は「ZEROGLIDE カップインソール」を使っています。
このZEROGLIDEはなかなかいいです。
摩擦力が高く、シューズ内での足のズレを抑えてくれます。

インソールはSWに軍配かな?

※「ZEROGLIDE」は単品販売もしております。
お手持ちのシューズにインソールだけバージョンアップするのもアリだ!
こちらからどうぞ。

実測!

さて一番やりたかったこと。
横幅を実際に計測します。

シューズの一番横幅の大きな部分を計測。
今回はつま先から8cmの部分を真横に計測します。
kts_SW
KTSは87.4ミリ

kts_SW
SWは89.5ミリ!

やはり「日本一の横幅」SWの方が大きいです。

前足部の高さを計測。
kts
KTSは42.0ミリ

kts_SW
SWは55.7ミリ

写真の向きがバラバラで申し訳ないです(´∩`)

こちらもSWの方が大きいですね。
横幅も高さも大きいということは、単純に足をいれる容量が大きいということ。
足幅広族にはありがたいです。

シューズはカマボコ

ちょっと話がずれますが、シューズってカマボコみたいなものだと思います。
板(ソール)があって、その上に身(アッパー)が乗っかっている。
板自体が大きればそれなりに大きいということ。
しかし上に乗る身がどのように盛られているか?
薄っぺらく低く盛られていると、いかに横幅が広くても足の甲は窮屈になりますよね。
kts_SW

前述のパラメヒコが私に合っていたのはアッパーがソール幅を超えるくらい大きく盛られていたから。
こういうのは履いてみないと分からないです。
ウェブショップの担当がこんなこと言うのは心苦しいですけど(-ω-;)

ポイントの幅と面積

こんなとこも計測してみました。
ポイント(スタッド)の間隔です。
kts_SW
KTSは68.2ミリ

kts_SW
SWは77.0ミリ

SWの方がおよそ9ミリほど大きい。
これにはポイント自体の面積が大きいことが理由です。

kts_SW
分かります?
ポイントの地面との設置面積がKTSよりもSWの方が大きいですね!
SWは横に大きく作られています。
地面からの突き上げ感の緩和の効果があります。
kts_SW
縦面積も大きい。
SWは本当に横幅が広くて困っている人向けに考えられている設計。
かなりミズノが気を遣って製品作りをしているなという印象です。

値段

kts_SW
KTSは定価11,880円(税込み)
現在(2017年8月2日現在)は9,979円で販売中!

kts_SW
SWは定価10,584円(税込み)
現在(2017年8月2日現在)は8,467円で販売中!

結局どうなの?

さていかがだったでしょうか?
個人的に気になることにお付き合いいただいてありがとうございました。
本来は同じ土俵に乗せるべきではなかった二足だったかもしれません。
メーカーさんはそれぞれ「それと比べんなよ」と思うかもなー。

しかし「足幅広族」のシューズチョイスにおいてはどうしても比べておきたかったんです。
これまでの当店在庫のなかでも「足幅広族」にお勧めしたい二足です。

さてさて、横幅やアッパー、インソール、アウトソールの作りなど、それぞれにつくりの違いありましたね。

kts_SW
私の場合はKTSの方が感触が良かったです。
なんせあのアッパーの柔らかさですから。
横幅がストレスなければKTSで問題ないですね。
およそ1500円の価格の違いなんて気になんない。

ただほんとに横幅が広くてお悩みの方の最後の砦としてSWの存在かなと。
ミズノさんらしい気遣いが感じられるシューズです。

足幅広族でも恐れることなくこのシューズたちを選んでください。
立ち上がれ足幅広族!!

シューズをさらにグレードアップ

どのシューズにも合わせやすい機能性あるシューレース。
AMOグリップレース」の取り扱いを始めました。
いま国内で買えるのは当社だけ!
特徴はこうだ!
・ハイドロ(撥水)コーティングされている
・そのグリップにより紐がほどけにくい
・シュータンがずれにくい
・雨をはじき紐が重くならない
・シューズ内に水を侵入させない

サッカー以外のランニングやテニスなんかにも向いてそうです!
ライバルに差をつけたい方。
是非お試しください。
kts_SW


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です