カシマスタジアムを堪能!鹿島アントラーズvsセビージャ観戦日記。サッカーと旅。

こんにちは!プレイヤーアイテム担当です。

先日行われた「明治安田Jリーグワールドチャレンジ 鹿島アントラーズ対セビージャ」の試合を観戦してきました。
(2017年7月7日、@カシマサッカースタジアム)

今回は車を借りてドライブ!
都内から2時間弱で到着しました。

壮大なスタジアム

潮来インターを降りてすぐに遠くの方にスタジアムの波状の屋根が見える!
古い記憶を思い出します。。。。

実はカシマスタジアム訪問は二回目。
しかし一回目は延長Vゴール時代なので二階席はまだありませんでした。
こんなに立派になって・・・(・_・、)
武田修宏がジュビロの右ウイングバックだったので1996??

思い出に浸っていると大きなスタジアムが見えてきました!
kashima_sevilla
これは駅方面から見たところ。

壮大にして壮観!
まるで海外に来たかのようなよいスタジアムですね。
感動すら覚えます。

クラブハウス行ってみた

キックオフまでにはまだまだ時間があるし、せっかく車で来ているので近くを散策してみます。
まずは鹿島アントラーズのクラブハウスへ行ってみることに。
スタジアムからクラブハウスは車で10分くらい。

kashima_sevilla
これまた立派なクラブハウス。
ファンがたくさん詰めかけています。
kashima_sevilla
しかおが出迎えてくれます。
クラブハウスにはショップやカフェなども併設されています。

kashima_sevilla
すぐ隣には練習場が。
ここで練習しているのかと思うとワクワクしますね。
この日は試合招集外のメンバーによる練習があったようです。
kashima_sevilla
練習はファンが見学できるようになっています。

kashima_sevilla
ショップ内には過去のユニフォームが飾ってありました。
こういうのにすぐ目が行くんですよね。
結構いろんなデザインがあったんですね。
個人的にはネイビーの配色が大きいと鹿島は強くなるイメージです(´Д`)

鹿島神宮も行ってみた

さてまだまだキックオフには時間があります。
鹿島神宮にも行ってみます。

kashima_sevilla
この日は暑い日だったのですが、大鳥居をくぐると樹木に囲まれた静謐な雰囲気。
なんだか心が洗われるようです。
パワースポットとのことですが、静かな中に湧き上がるような力を感じました。

kashima_sevilla
神の使者にもご挨拶。
ニンジンを奪い合いながら食べていました。

神宮近くの食べ物屋さんに車を停めておそばをいただきました。

自慢のスタグル

さていよいよスタジアムへ。
kashima_sevilla
カシマスタジアムの自慢はスタジアムグルメ。
スタジアムを一周できる二階コンコースで火器使用可能なので様々なバリエーションのグルメが楽しめます。
そこらじゅうから肉を焼く煙があがり、においだけで白飯二杯はいけます!
肉!焼き物、煮込みなど、どれも美味しそう
(*^_^)o-@[]@[]@-
kashima_sevilla
何を食べるのか二周くらいして悩んだのですが、結局は肉!
kashima_sevilla
ハラミメシ」なるものを食べました!
これと生ビールあれば最強ですね!
この日は運転があるので泣く泣くノンアルコールビールで(これもいいけどね)。

サッカーミュージアム

スタジアム内には「サッカーミュージアム」があり、300円で入場することがきました。
kashima_sevilla

JFAハウスのサッカーミュージアムも素晴らしいですが(過去ブログもみてください)、カシマサッカーミュージアムも良かったですよ!

kashima_sevilla
歴代の所属選手

過去のユニフォーム!
こういうの大好物です!!
kashima_sevilla
ジョルジーニョがいたころのミズノとか、一年だけだったアンブロ!
(/TДT)/欲しいー!

kashima_sevilla
kashima_sevilla
エネーレ!
柳沢や平瀬が活躍しましたね。

私の心が鷲掴みにされたのは「レジェンド」コーナー!
歴代在籍のレジェンドが着用したシューズがありました!!

kashima_sevilla
神様ジーコ。
プーマ履いてたんですよねぇ。

kashima_sevilla
現CROの中田浩二がドイツワールドカップで着用したもの。
adidasのアディピュア。
「nakatic」ってなんだ?

kashima_sevilla
魂のセンターバック秋田。
ディアドラ履いてました。
最近ディアドラはくJリーガーも少なくなりました(Jリーグ選手着用シューズ調べ「J1編」というブログ書いてます)

kashima_sevilla
レオナルド!
ミズノ履いてる時期ありましたね。
モレリアⅡですね。

kashima_sevilla
ジョルジーニョはナイキのティエンポ。
この時のティエンポはシンプルでカッコよかったです。

kashima_sevilla
相馬直樹はずっとアシックス履いてましたね。
靴墨で磨いた感じがいいですね。
美しい!

kashima_sevilla
黒崎久志(比差支)!
もはや私にも品番が分かりません。
詳しい人がいたら教えてください!

その他にも獲得したトロフィーとかスタジアムの歴史とかいろいろあったんですけど、ついついユニフォームやシューズに目がいってしまいますね。
カシマサッカーミュージアムお勧めです!

モリエンテスも見たよ!

Jリーグと提携を結んだ「ラ・リーガ」(リーガエスパニョーラ)の大使として元レアルマドリードなどで活躍したフェルナンド・モリエンテスが来ていました。
実はモリエンテスとは同学年!
kashima_sevilla
すごい人気!
人だかりがすごくてサインもらえませんでした(T-T)
こっそりと持って行っていたレアルの04/05ユニフォームは日の目を見ることはありませんでした(泣)

19年前のチャンピオンズリーグ観戦ではスタメンで出ていました。

↑これ現地で見たんですよ!!
場所はアムステルダムの「アムステルダムアレナ」でした。
懐かしいなぁ。

サポーターは素晴らしい

スタジアム内に入りました(やっとね)。
kashima_sevilla
やはりサッカー専用スタジアムは素晴らしいですね。
今回はわりに良い席に座りましたが、どこに座っても観やすそうです。

kashima_sevilla
サポーターの統率力はナンパないです。
小気味よい太鼓の音とともに声でチームを後推しします。

スタジアム、そしてサポーターが強いチームを作ってきたんだなと実感しました。
ということは他のチームもこれから強くなっていく道順がここにありますね。

kashima_sevilla

新「レオ様」に釘づけ

やはりプレシーズンということ、また暑い日本に1週間滞在しているセビージャはお疲れのご様子。
個人技は素晴らしいものがありますが、チーム全体としてはなかなかリズムが上がっていきません。
対する鹿島はいつものように前線からのプレッシャーからボールを奪いに行きます。
ボールを奪えば鋭いショートカウンターでチャンスをうかがいます。

そんな中でも鹿島のレオ・シルバは良かったですね。
大股でのらりくらり動いているようで要所で必ずボールを奪取します。

きっと試合展開を読むのがうまいのでしょうね。
セビージャがボールを回しているときもボランチながら前線にふらふらと上がっていきます。
おいおい、大丈夫!?と思った次の瞬間、レオ・シルバが短いダッシュ!
そこには引き寄せられるように相手のバスがやってきて、そしてボール奪取!
その後もレオ・シルバが中盤でボールをバンバン狩っていきます。
まさにJリーグ屈指の狩人
華麗なパスサッカーを支えるのはこのようにセンスの良い守備の人ですね。

暑い気温と厚い選手層

蒸し暑い中で行われた試合でした。
試合は途中出場の鈴木優磨の二得点で鹿島の勝利。
鹿島は鈴木しかり、昌子、植田の若いセンターバックコンビしかり、若い選手が伸びてきていますね。
安部も良いドリブルしてました。
本山を思わせるようなダブルタッチドリブル!
今後の活躍に期待です。
選手層は厚そうです。
kashima_sevilla

盛況のアジアツアー

最近ではマーケティングの一環として強豪チームがアジアを訪れます。
前週にはドルトムントが浦和レッズと対戦しました(次回レポート書きますね)。
いま中国には世界中の強豪チームが集まっています。
アーセナルvsチェルシーのビックロンドンダービーやマンチェスターダービーが中国でやってるんですよ!

このような「金」の匂いのするアジアツアーに賛否両論あることも知っています。
しかしこのような機会にテレビで見ている憧れのチームを観に行くことはいいことだと思います。
最近ではプレシーズンにアジアツアーすることが当たり前になってきて、選手もお遊びではなくなってきています。
この時期チーム全体の仕上がりは期待できませんが、世界中のメディアが新選手の発掘する場にもなっています。
そこで対戦するJチームがいかんなく実力を発揮してもらって世界中にアピールしてほしいですね。

サッカーを軸に旅をする

サッカーと旅

帰りの駐車場を出るだけで1時間弱を要したのには辟易しましたが、それでも良い一日でした。
サッカーは観れたし、おいしいものは食べれたし。
こうやってサッカーを軸に旅をするのはほんと楽しいですね。
次はどのスタジアムへ行こうかな?
皆さんの旅も教えてください。
それではまた次回お会いしましょう。

鹿島アントラーズのユニフォームはこちら


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です